あなたは普段、「どんなお酒を飲むか」ではなく「どんな器でお酒を飲むか」を真剣に考えたことがありますか?磁器、ガラス、陶器。まったく違う素材の器でお酒を飲むと、どんな味わいになるのか…実は、かなり違うらしいんです!!

今月20日に日本橋で、「器」と、そしてその器を作っている女性陶芸作家さんの「自分らしい生き方」にフォーカスしたトークイベントが開催されるそうなので、紹介しますね!

工芸品や自分らしい生き方に興味がある女子は日本橋に集合!

場所は東京駅日本橋口の近くにある「Crafteria(クラフテリア)ギャラリー」。全国の職人・作家さんのPRを通して、日本の匠(たくみ)達を応援している「株式会社匠創生(たくみそうせい)」が常設しているギャラリー兼イベントスペースです。ここで、トークを聞いたり利き酒を体験したりできるとのこと。

今回のトークゲストは、陶芸作家・片切かすみさん。
「オンもオフも自分らしい生き方をしたいと考えている皆さんの参考になるようなトークが聞けるみたいですよ☆

 

30代未経験から陶芸家の道へ。夫の都合で海外在住のまま陶芸の勉強スタート。

30代で旦那さんの都合により香港へ移住した片切さん。未経験かつ海外で、陶芸家としてのキャリアをスタートさせます。その後、香港、バンコクにて24年に渡り陶芸活動をされ、2016年に帰国し千葉県船橋市に一軒家の工房を構えられています。

 


↑海外有名リゾートホテルの依頼によりデザインした食器たち


海外の美術館での陶芸展入選、個展成功、有名リゾートホテルでの食器デザイン…
なぜ、未経験の女性が30代から始めて成功できたのか。「海外でのギャラリー運営や、有名リゾートホテルからの受注対策 、スポンサーを得ながらの個展開催について」などの具体的なお話から、「自分らしく生きる」考え方のお話まで、今までの経験を踏まえて語っていただけるとのこと。聞き手は、株式会社匠創生の代表・安村亮彦さん。

 

女性陶芸家と女性利き酒師が酒器の選び方をレクチャー!

今回は、「片切さん作品の磁器、ガラス、陶器」と素材違いで3種の酒器を用意。素材による感じ方の違い、酒器の形による感じ方の違いを、日本酒を実際に飲み比べながら体験できます!また、利き酒師の宮本洋子さんより「日本酒の4つの分類」など、知っているとさらにお酒が美味しくなる日本酒知識を教えてもらえるそう。

 

おつまみは、地方特産品を使用した3種盛り合わせが用意されるとのことですよ!

片切さんや宮本さんに気軽にあれこれ聞ける、質疑応答の機会もあるので、ぜひキャリアやその他素朴な疑問質問を、投げかけてみてくださいね♪もちろん日本酒や酒器に関しての質問にも答えてもらえます。

<イベント情報>

■日時 平成30年6月20日(水)19:00~20:30
■場所 Crafteria
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルディング地下1階
■料金
1500円(日本酒1合、おつまみ3種盛り合わせ付き)
■定員
20名

■会場へのアクセス
・JR「東京駅」日本橋口から 徒歩3分
・地下鉄「大手町駅」b8a出口から 徒歩1分
・地下鉄「日本橋駅」A1出口から 徒歩3分

 

 

Writer

Writer:ラーラぱど編集部

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
【Ponjoだより】日本各地のオススメスキンケア商品を紹介