八女地域の食材がもっとおいしくなる、八女大使が考案した簡単レシピ

こんにちは!八女大使の林美帆子です。

10月9日に開催された『八女のお茶・みかん・キウイをおいしいレシピで楽しむ会』にて頂いた八女の食材を使って、簡単クッキングをしてみました♪

どの食材も、そのまま頂いても勿論美味しいのですが、ちょっとしたひと手間を加えるとさらに美味しく頂くことができるんです。

 

 

栄養たっぷりの万能健康食材「八女茶」

まずは、「八女茶」。

 

 

恵まれた風土と、伝統あるすぐれた技術。香り豊かで、コクがある高級茶として全国的に有名な八女茶。

福岡県の玉露は全国茶品評会で農林水産大臣賞を連続受賞する等トップレベルの技術を誇っているお茶です。

 

八女茶に含まれる栄養素は以下の通り。

*カテキン…強い抗酸化作用があり、動脈硬化や高血圧、ガンなど、様々な生活習慣病に効果があります。

*カフェイン…眠気をさましたり、心臓の働きを活発にする効果があります。

*テアニン(アミノ酸)…人の心と体をリラックスさせるヒーリング効果があります。

*ビタミンC…壊血病やガン、風邪を予防するために必要な成分。1日に10杯の煎茶を飲むことで補うことができるそう。

*フッ素…歯の表面を強くし、虫歯にならないための抵抗力をつける成分が含まれています。

 

そんな八女茶を使った、簡単ケーキがこちら。

 

 

作り方はカンタン。

ホットケーキミックス1袋(150グラム)に卵1個、牛乳100ml、砂糖大さじ5、レモン汁大さじ1、クリームチーズ300g、八女茶の粉末を大さじ1加えて混ぜます。

そしてそれを炊飯器の内釜に流し入れ、スイッチを入れるのみ!!

内釜にはあらかじめバターを塗っておくのがポイントです。

炊き上がったら竹串を刺し、内側までしっかり焼けているかどうかを確認。

冷めたら内釜から取り出して、お好みで八女茶の粉末をシュガーストレーナー(粉ふるい)を使ってまぶしていきます。

八女茶の粉末のほろ苦さがケーキのアクセントになるのでオススメです。

炊飯器のタイプによってはお米を炊く以外の用途に使うことを禁止しているものもあるとのこと。

作る前に、ご自宅の炊飯器の取扱説明書をご確認してみてくださいね。

 

 

もう1つおすすめしたいのが、「茶殻のふりかけ」。

 

 

実は飲み終わった後の茶殻には、まだまだ栄養がたっぷり残っているんです。

それは活用しない手はない!!ということで、簡単にふりかけにアレンジしてみませんか??

といっても、作り方はとてもシンプル。茶殻に、鰹節を和えてそこにめんつゆを適量加えるだけ。

あっという間に即席ふりかけの完成です。

 

また、卵焼きに入れるのもおすすめです。

 

 

右側は茶殻を多め、左側は少なめに入れて作ったものです。量はお好みで加えてみてくださいね♪

 

 

食物繊維たっぷり♡腸活食材の「キウイ」でビューティアップ!

そして、次はキウイ。

食物繊維の豊富なフルーツです。

 

 

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、それらをバランスよく摂ることが大切とされていますが、キウイにはその2種類が理想的なバランスで含まれているため、腸活に最適なフルーツだと言えます。

食物繊維以外にも、ビタミンC、ビタミンE、カリウムなど多くの栄養が含まれているため、美容と健康に効果的な食材です。

キウイをオリーブオイルで両面1分ずつ焼いて食べるとさらに腸活に効果的と聞いたことがあったので、試してみました。

 

 

温めたキウイってどうなんだろう??と最初は疑心暗鬼だったのですが、甘みが増してとても美味しい!!

 

 

サラダにのせても美味しく頂くことができました。

見た目も鮮やかになり一石二鳥です♪

 

また、トーストに載せても美味しく頂くことができます。

 

 

たっぷりのクリームチーズの上に、キウイをプラス。

お好みでナッツを添えると歯ごたえ、栄養価が増すのでオススメです。

 

 

免疫力を高める「みかん」で風邪知らず!

そして次はみかん。

 

 

みかんといえばビタミンCが豊富なフルーツ。

そしてビタミンA、カリウムなども含まれています。

免疫力を高める働きもあるため、風邪予防にも効果的。

 

 

キウイ同様、サラダに載せても美味しく頂くことができます。

サラダにほどよい酸味が加わり、さっぱりと頂くことができます。

様々なドレッシングに合いますが、個人的にはバルサミコ酢がおすすめです。

 

そしてスイーツレシピはこちら。

 

 

オレンジゼリーに添えてみました。ゼリーだけでも美味しいのですが、果肉が添えられていると見た目が映えるだけではなく、満足度も格段にアップします。

必要なものは、粉寒天、水、砂糖、オレンジジュース。

粉寒天2gに水100mlを加えて3分ほど加熱。沸騰したら火を止め、砂糖30gとオレンジジュース150mlを加えていきます。すべてしっかり混ざったら、型に流し込み冷蔵庫で固まるまで冷やしたら出来上がりです。

 

ゼリーを作り終わった後、余ったオレンジジュースでモクテル(ノンアルコールのカクテルのこと)を作ってみましょう♪

オレンジジュースに炭酸水を適量加え、そこにみかんを載せます。

 

 

甘酸っぱさがクセになるモクテルの完成です♪

さらに、モクテルのお供におすすめなのがこちら。

 

 

リッツにみかん、キウイを載せてみました♪

お好みで、クリームチーズやナッツ、蜂蜜などをかけても美味しく頂くことができます。

先日ホームパーティーの時にふるまってみたところ、とても喜ばれたのでオススメ。全く手間がかからないのに、写真映えするのでとっておきのメニューです。

 

 

食べ終わったみかんの皮は、捨てずに再利用してしまいましょう!!

 

 

私のおすすめの使い方は入浴剤。

 

 

実はみかんの皮は「陳皮(ちんぴ)」と言われ、漢方薬の材料としても使われているのです。

農薬などの残留物を洗い流すために皮の表面を水洗いし、天日干しして乾燥させます。

乾燥できたら、ネットなどに入れてお風呂に入れるだけ。あっという間に入浴剤の完成です♪

みかんの爽やかな香りがほんのり感じられ、癒しのバスタイムになるはずです。

注意点としては、必ず皮を乾燥させること。みかんの皮にはソラニンという紫外線を吸収する成分が入っています。

その成分は乾燥させることによって軽減するため、必ず乾いたのを確認してから使うようにしてみてくださいね。

また、敏感肌の方は肌がピリピリしてしまうこともあるので要注意。その場合は、すぐにシャワーで洗い流してくださいね。

 

ここに載せたレシピはすべて簡単にできるものばかり。ぜひ気軽にお試しください♪

 

Writer

この記事を書いた人:林美帆子

Pickup memberこの記事にまつわるミューズ会メンバー

林美帆子
  • 雨宮あゆみ
  • 西澤友里加
  • 西本由美
  • 佐藤わかな
  • 藤川由佳
  • 大須賀せんな
  • 矢澤真紀子
  • 大園良美
  • 須藤香菜
  • 宇津木美緒
  • 山口希
  • 長島えり子
  • 矢野真千
  • 成川茉奈美
  • 中島佳奈
  • 水野奈美
  • 新関真文
  • 鮫島理美
  • 小山奈保子
  • 河原梨香
  • 寺田伊織
  • 嶋田由佳子
  • 奥田静香
  • 藤原真理奈
  • 林美帆子
  • 新発田裕美
  • 山下真希
  • 大居菜々子
  • 英賀千恵美
  • アルドリッチ愛
  • 片倉理恵

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
八女大使レポート「八女のお茶・みかん・キウイをおいしいレシピで楽しむ会」
次の記事を見る
かわいい菊の花一色に染まる秋の「二本松」は女心を満たすものにあふれている〜後篇〜