創造の旅は、ヨコハマから始まる。ヨコハマがアートに染まる10日間「コンパス ヨコハマ 2019」開催

 

港町・横浜。

開港以来、世界有数の港町として多様な文化を取り入れながら独自の発展をしてきた街は、日本の文化を形成するうえで、日本と世界をつなぐ「羅針盤=コンパス」という重要な役割を果たしてきました。

 

そんなヨコハマで行われる「コンパス ヨコハマ 2019」

 

創造の旅は、ヨコハマから始まる。をテーマに、『横浜から新たな文化を創っていこう』『自分の羅針盤を見つけて未来へ進もう』というメッセージが込められたアートイベントです。

 

ヨコハマの“夕暮れどき”の風景とアートを楽しむドラマチックなひととき

 

「コンパス ヨコハマ 2019」に行くなら、ぜひ、昼から夜の移り変わり=夕暮れどきを狙って。

 

みなとみらいの街のシンボル「グランモール広場」を会場に、巨大なインスタレーション「ぐるぐる」を中心に、新進気鋭のアーティストたちによる作品展示や、ステージでのライブパフォーマンス、DJライブ、ワークショップ、フードコート、カフェなど、様々なプログラムが登場。

 

これらの会場全体のアートディレクションを手掛けるのは、国内外で活躍する画家の佐藤真生さん

 

 

<佐藤真生プロフィール>

山形県酒田市生。東京学芸大学大学院修了。1990年目黒区美術館での初個展が注目され、数々のコンクールで受賞多数。1993年安井賞展賞候補。1997本間美術館で個展 1998年「両洋の眼」(日本橋三越)1991年-2006年個展(西武渋谷)その他日本、ニューヨーク、パリ、シドニー、シンガポール等で展覧会。2013年吉祥寺美術館、2016年酒田市美術館で個展。2016年より地域伝承文化をテーマとした「YUME-KASAFUKU PROJECT(夢傘福プロジェクト)」を開始し、フィンランド、ニュージーランド等で作品展示・ワークショップ開催。平面作品の他、映像、オブジェ、デザイン、文筆など総合的な創作活動展開。2019年「コンパス ヨコハマ 2019」アートディレクション担当。

 

 

アートやイベントプログラムを自由に散策できるのも「コンパス ヨコハマ 2019」の醍醐味。

夕暮れどきのヨコハマのドラマチックな風景を楽しみながら、あなただけの「羅針盤」を見つけてみては?

 

 

Information

コンパス ヨコハマ 2019

 

【会期】

2019年9月20日(金)~29日(日)

 

【イベント実施日】

■デイタイム 11:00~16:00

9月21日(土)~23日(月・祝)、27日(金)~29日(日)

■ナイトタイム 16:00~20:00

9月20日(金)~22日(日)、27日(金)~28日(土)

 

【会場】

美術の広場(グランモール公園・横浜美術館前)

 

公式HPはこちらから▶ http://compass.yafjp.org

Writer

この記事を書いた人:ニッポン応援女子部

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
飲んで、食べて、遊んで、思わず高知に恋しちゃう♡夏より熱い“高知愛”に満たされる『都会で高知“し放題”FES』開催
次の記事を見る
女子にやさしい日本酒イベント「ふくしまの酒まつり」へ行ってみた