知らない人同士もすぐに仲良くなれちゃう不思議な町「高知県」

 

高知に行くといちばんに感じるのが、高知県民の人なつっこさ。

知らない人同士でも家族のように仲良くなれちゃいます。

その理由は、みんなでわいわいの楽しむ高知ならではのおもてなし「おきゃく文化」があるから!

そして高知の人はみんな熱い“高知愛”にあふれています。

 

人見知りさんでも高知県民とは自然と仲良くなれちゃいます!

 

 

 

高知県のおきゃく文化が体験できるイベント『都会で高知“し放題”FES』が開催

 

「至れり尽くせりのおきゃく文化を体験してみたい!」

そんなあなたのためのイベント『都会で高知“し放題”FES』が東京で開催されます。

イベントでは、高知の魅力を五感で体験できるプログラムが盛りだくさん!

 

心地良すぎるほどのおきゃく文化を満喫しよう。

 

 

五感で高知を味わうプログラムはこちら

 

「高知県クイズ」&「土佐弁講座」

 

高知県のことを知れるクイズにチャレンジ!

 

「土佐弁講座」では、”あの”名台詞を土佐弁で言い換え。

クイズと土佐弁をマスターすれば、気分は土佐っ子♪

 

 

「利きジンジャードリンク」&「モイストポプリづくり」

 

高知の特産品といえば、しょうが&ゆず。

イベントでは、しょうがを使ったジンジャードリンクの飲み比べや、しょうが重さ当てクイズ、ゆずを使った芳香剤「モイストポプリ」づくりのワークショップなど開催予定!
お楽しみに~!


高知産青ゆずを使った芳香剤はとって良い香り♪

しょうがの重さ当てクイズ!当たった人にはプレゼントも!

 

「リトル日曜市」

 

「日曜市」とは、400店舗以上の露店が連なる大規模なマルシェのことで、採れたての鮮野菜やお惣菜、スイーツ、乾物、食器など、さまざまな商品が露店に並びます。

 

イベントでは、高知のおいしいごはん(香り米)と、じゃこてん、すまき、高知土産の定番カツオのゆで節などのおかずの試食市を日曜市風に再現します。

 

 

「よさこい記念撮影コーナー」

 

高知といえばコレ!

よさこいで使う鳴子にさわったり、衣装を着て記念撮影をしたり、普段ではなかなかできない体験。

 

「踊ってみたい!」という方は、会場の現地スタッフに踊り方を聞いてみては。

 

 

 

『都会で高知“し放題”FES』に参加して、高知県の家族になろう!

 

熱い高知愛を体感できる『都会で高知“し放題”FES』。

友人、家族での参加もちろん、おひとりさまの参加も大歓迎。

 

イベント終了後には身も心も土佐っ子になっているはず。

 

 

 

EVENT INFO

おもしろ・おいしい体験デー『都会で高知“し放題”FES』

 

☆事前予約で高知県民熱愛のミレービスケットプレゼント!

 

第1弾 夜フェス

【開催日時】8月27日(火)19:00~21:00

【会場】コワーキングスペースMORINAGA Village【森永ヴィレッジ】

港区芝浦1-13-16 森永芝浦ビル2階(JR山手線田町駅下車芝浦口(東口)から徒歩7分)

【参加費】無料

【定員】30人

※夜フェスは定員数を大きく超えたため申込を終了致しました

 


 

第2弾 昼フェス

【開催日時】9月16日(月・祝)13:00~15:00

【会場】HYPERMIX(ハイパーミックス)

江東区門前仲町1-13-12(地下鉄東西線・都営大江戸線 門前仲町町駅徒歩1分)

【参加費】無料

【定員】50人

☆昼フェス限定ワークショップ「土佐のびっくり名物・ちくきゅうづくり体験」開催決定!!

 

 

 

主催/高知県、一般社団法人高知県移住促進・人材確保センター

企画/株式会社ぱど

問い合わせ/0120-090-810(ぱど総合受付、10:00〜18:00、土日祝除く)

 

Writer

この記事を書いた人:ニッポン応援女子部

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
北陸新幹線開通でグッと近くなった「富山県」で暮らしてみたい!
次の記事を見る
9月20日~29日開催。夕暮れどきの横浜で過ごすアートな時間「コンパス ヨコハマ 2019」