去る5月16日。東京の新トレンドスポット「新虎通り」にて、ニッポン応援女子部の新企画「Salon de Pado」が開催されました!

当日は、日本の地方に興味がある女子ほかたくさんの方々が参加。出身地のこと、地域のこと、将来の夢…

みんなでおいしいお酒と料理を囲みながら語り合った夜。その模様をご紹介します。

 

 

 

イベントのオープニングは、女優Setsukoさんとニッポン応援女子部編集長のトークショー!

イベントは、女優、ボイストレーナーとして日本全国を飛び回るSetsukoさんと、二地域居住を実践中の編集長・幸脇によるトークショーからスタート。

 

 

参加者の方も登場し、大盛り上がり!

 

今回のイベントのトークテーマ

「資金100万円。地域で仕事するならどこで何する?」

 

あなたならどうしますか?

 

 

トークショーの模様はYou Tubeでも見られます!

「セツコー会議」

 

 

 

トークショーの後はみんなが主役!地域をテーマに語り合う

 

話を聞いているだけではつまらない!ということで、地域に対する想いを持った約20名のみなさんが集結。

 

 

ニッポン応援女子部ミューズ会の新関麻文さんも登場し、イベントをさらに盛り上げてくれました!

 

 

参加者は出身地を書いたネームプレートをつけてイベントに参加。

出身地の名産などのイラスト入りだったり、参加者の地元愛♡が伝わってきます。

 

 

アイデアは付箋に書いて寄せ書き風に。

イベントが終わるころにはみんなの意見でいっぱいになるほど!

 

ここで一例をご紹介♪

 

☆金沢でガスエビBarをオープン

富山で古民家を活用するシステムグループを作る(立ち上げる)

大賀ハスとコラボした和カフェ

 

どれも本当に実現してしまいそうですね。

 

 

さらに、三重県鈴鹿市で300年続く老舗和菓子屋さん「It Wokashi 東京店」から大福の差し入れも。

おしゃれなパッケージが印象的な新食感の大福は、10個は食べられちゃうほどのおいしさ!

 

 

たくさんのご来場ありがとうございました!

第1回目となる「Salon de Pado」。第2弾、第3弾とパワーアップして開催予定です。

今回惜しくも参加できなかったという方は次回をお楽しみに!

Writer

この記事を書いた人:ニッポン応援女子部編集部

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
【5月16日開催】一夜限りの”夜のサロン”がオープン!食べて、飲んで、語ろう♪旅するうたげ「Salon de Pado」開催
次の記事を見る
【6月8日(土)開催】移住って簡単じゃない!って思っている人に参加してほしい「ふくおかよかとこ移住セミナー」