毎回多数のご応募をいただいている人気イベントJA福岡×ラーラぱど「おいしいレシピで楽しむ会」。

 

最終回となった今回は、現地八女の生産者の皆さんも参加!いつもに増して豪華なイベントとなりました。その模様をレポートします!

 

 

 

「八女」を知るプチセミナーからスタート

 

まずは八女を知るプチセミナー。

八女といえば、お茶で有名な地域。

東は大分県、南は熊本県との境目、福岡県の南部に位置し、八女市、筑後市、広川町の2市1町で構成されています。

標高1,200mをこえる県下最高峰の釈迦岳・御前岳を源とする清流「矢部川」が有明海へと流れる豊かな自然に恵まれたエリアで、お茶をはじめとする全国トップクラスの食材が豊富なおいしいものの宝庫なのです!

 

 

 

オープニングはシェフのライブパフォーマンス

 

このイベントで人気の、恒例のシェフのライブパフォーマンス。

今回会場となった「ザ・ガーデンオリエンタル大阪」のシェフが、八女地域の食材の魅力や今回のレシピのポイントをプレゼンテーション。

 

ライブパフォーマンスでは、前菜とスイーツを一品ずつ作っていただきました。

簡単にアレンジされているので、自宅で早速作ってみたくなる!

 

 

 

お待ちかね!八女地域の食材を使ったオリジナルレシピを試食

シェフが考案した八女地域の食材を使ったレシピを試食。

前菜、メイン、スイーツ。どれもおしゃれでおいしい♡

参加できなかった皆さまのために、レシピをご紹介します。

 

 

◆前菜

 

 

 

トマトと苺のカプレーゼ

 

 

[材料]2人分

苺 1個

お好みのフレッシュチーズ 40g

トマトスープ 20g

エキストラバージンオイル 少々

バジル 少々

 

[作り方]

①苺は1/8に¥カットしておく。

②お好みのチーズも苺と同じ大きさにカットする

③盛り付ける。

<トマトスープ>

①沸騰したお湯にヘタを取ったトマトを10秒程入れ、皮がめくれてきたら氷水に取り出し、皮をすべて取り、種も取り除く。

②ミキサーで湯剥き、種取りしたトマトをスープにする。

③お好みで塩、砂糖を入れる。

④仕上げにオリーブオイル、バジルをちぎって飾る。

 

 

 

サーモンのカルパッチョ 茄子のソース

 

[材料]2人分

サーモン(生食用) 10g×4枚

茄子のソース 16g

オリーブパウダー 2g

食感の良い生野菜(水菜など) 4g

塩 少々

白コショウ 少々

 

☆茄子ソース☆

茄子の皮 0.5本分

白ワインヴィネガー 10g

 

 

[作り方]

①サーモンは包丁で皮をひき、10gずつにカットしておく。

②茄子の皮を剥き、沸騰させたお湯で1分ほど茹で、氷水で冷やす。

③水気を取った茄子の皮と白ワインヴィネガーをミキサーでピューレ状にする。

④仕上げにサーモンに塩コショウをして盛り付ける。

 

 

 

筍のグリル ラルド

 

[材料]2人分

筍 20g×4個

ラルドスライス(豚の背脂を塩漬けにしたもの) 12g×2枚

 

[作り方]

①筍はグリルまたはフライパンで焼き目がつくようしっかり焼く。焼き目がついたら塩コショウで下味をつけておく。

②ラルドは薄くスライスにし、筍がアツアツの状態のところにのせ予熱で脂を溶かす。

 

 

 

◆メイン

 

ラムのカツレツ 苺とトマトのケッカソース

 

[材料]2人分

ラムショルダー(お好みのお肉で) 50g×2枚

卵 10g

チーズパン粉 20g

☆苺とトマトのケッカソース☆

苺 適量

トマト 適量

オリーブオイル 適量

塩・コショウ 適量

 

[作り方]

①ラム(お好みのお肉)は余分な脂などは取り除いておく。

②チーズパン粉は、粉チーズとパン粉を同量で合わせておく。

③お肉は塩コショウをし、溶き卵、チーズパン粉を付け、フライパンで揚げ焼きにする。

 

<苺とトマトのケッカソース>

苺とトマトをさいの目に切り、オリーブオイルと塩、コショウで味を整える。

 

 

 

鰆のソテー 茄子のピューレ 焦がしバターソース

 

[材料]2人分

鰆(お好みの魚) 50g×2切

バター 30g

セミドライトマト 5g

酢漬けケーパー 5g

茄子ピューレ 8g

 

[作り方]

①鰆はお好きな大きさにカットし、塩、白コショウをしておく。

②バターを火にかける。大きい泡から小さい泡になり縁に茶色く色がついたら、少量の水を入れ色止めする。

③そこにセミドライトマトとケーパーを細かくカットしたものを加える。お好みで塩を入れ調節する。

④茄子はコンロで皮目が黒くなるまで焼き、皮をとり、焼きナスにする。

⑤焼きナスはミキサーで回し、お好みで塩をする。

⑥鰆は熱したフライパンで皮目をパリッと焼き、火を入れる。

⑦お皿に盛り、焦がしバターソースをかける。

 

 

筍のポルペッティ  マルサラソース

 

[>材料]2人分

合い挽きミンチ 60g

筍 20g

粉チーズ 6g

全卵 8g

ソテーオニオン 4g

塩 少々

薄力粉 少々

☆マルサラソース☆

マルサラドルチェ(甘口ワイン<) 20g

玉ねぎ 3g

フォンドヴォー 7g

 

[作り方]

①合い挽きミンチ、さいの目に切った筍、粉チーズ、全卵、ソテーオニオン、塩をボールに入れ、、氷にあてながら、手早く粘りが出るまで混ぜる。

②お好みの大きさにし、薄力粉を付け、熱したフライパンで両面をしっかり焼き、火を入れる。

<マルサラソース>

①玉ねぎをしんなりするまで炒め、マルサラドルチェを入れアルコールを飛ばす。

②フォンドヴォーを加え、1/6くらいになるまで煮詰める。

 

 

 

◆デザート

 

 

苺のクレープ包み

 

[材料]

☆生地☆12枚分(24人分)

強力粉 25g

薄力粉 25g

グラニュー糖 20g

卵 Lサイズ 2個

牛乳 180g

 

☆クリーム☆16人分

生クリーム(35%) 50g

生クリーム(42%) 50g

マスカルポーネ 50g

グラニュー糖 18g

 

☆苺ソース☆10人分

苺 10粒

赤ワイン 100g

グラニュー糖 40g

レモン汁 10g

 

 

[作り方]

①すももは皮をむいて種をとり、4つに切って砂糖、小麦粉、片栗粉をまぶして30分おく。

②冷凍パイシートをパイ皿の上にのせ、スポンジケーキを敷き詰める。

③すももをのせる。

④パイシートのはみ出た部分を内側に折る。

⑤200℃のオーブンで20分、180℃で25分焼く。

 

 

 

焼き茄子のアイス 筍チュイル

 

[材料]10人分

☆焼き茄子アイス☆

茄子 2本(100g)

生クリーム(42%) 73g

牛乳 73g

グラニュー糖 73g

水あめ 40g

転化糖(トリモリン) 30g

 

☆筍チュイル☆

筍 1本

グラニュー糖 100g

シナモンパウダー 1g

 

[作り方]

<焼き茄子アイス>

①茄子を直火でしっかり焼き、温かいうちに皮ごとピューレにする。

②生クリーム、牛乳、水あめ、転化糖(トリモリン)を沸かしピューレに合わせる。

③氷煎で冷やし、アイスクリームマシンにかける。

 

<筍のチュイル>

①アク抜きした筍をスライスし、オーブン80℃40分ほど乾かす。

②油で泡が出なくなるまでしっかりと揚げる。

③グラニュー糖とシナモンを混ぜて、まわりにしっかりまぶす。

 

 

トマトのパート・ド・フリュイ

[材料]45個分(2cm×2cm)

トマト 340g(湯剥きし1/2まで煮詰め、濾したもの)

グラニュー糖 340g

水飴< 34g

ペクチン 10.8g

クエン酸 6.8g

水 6.8g

 

[作り方]

①トマト340gを湯剥きし、コンカッセ(みじん切り)して火にかける。

②グラニュー糖とペクチン、クエン酸と水、それぞれ合わせておく。

③トマトピューレ、水飴を鍋に入れ火にかける。

④35℃になったら、グラニュー糖とペクチンを合わせたものを少しずつ入れ、焦げ付かないようにフエ(泡立て器)でよく混ぜる。

⑤106℃まで温度が上がったら、クエン酸と水を合わせたものを入れ混ぜる。

⑥OPPシートを敷いたバットに流し、冷蔵庫で冷やし固める。

⑦冷めたらカットして、粗目のグラニュー糖を全面に付けて完成。