明治天皇もご巡幸された老舗の名物料理と滋賀の地酒

滋賀の「イチオシ」をテーマに「食」を伝える一夜限りのイベント。江戸時代創業、明治天皇もご巡幸された老舗料亭「竹平楼」
の料理人が腕を振るう名物「鯉のあめ煮」を交えた滋賀に伝わる「湖国懐石」と日本酒のペアリングをお楽しみいただきます。

■日時 2月23日(土)18:00~20:00

■受付開始  17:30

■参加費 10.000円(税込)*滋賀の地酒(お任せ数種)飲み放題込み!

■会場 「ここ滋賀」2階「日本橋 滋乃味」〒103-0027 東京都中央区日本橋2-7-1

ここ滋賀 MAPはこちらから

 

・東京メトロ・都営地下鉄日本橋駅:B6,B8出口

・JR東京駅*八重洲北口徒歩6分

・無料巡回バス メトロリンク日本橋「地下鉄日本橋」停留所最寄り

(東京駅八重洲口より約10分間隔で運行)

 

秘伝のたれで炊き上げた「鯉のあめ煮」は、100年以上の歴史を持つ味

 

竹平楼の鯉のあめ煮は4代目女将が考案し100年以上の歴史を持ちます。
鯉は地下水を汲みあげた生簀に活かし、水を一切使わず酒と秘伝のタレのみで炊き上げますので臭みもなく美味しく召し上がっていただけます。

イベント内容

●名物鯉のあめ煮を交えた「湖国懐石」と日本酒のペアリング 
●家鴨さんによる「近江の地酒の魅力」のご紹介

●飲み比べ体験

*写真はイメージです

メニュー

*メニューは変更になることがあります

・珍味  鮒寿司なめろう 他二種
・お造里 湖魚お造り、 鮒の子付きあしらい一式
・お椀物 本鴨うす葛仕立て  粟麩 芽蓮草 針葱 柚子   
・名物  鯉のあめ煮 針生姜

・焼肴  天然琵琶湖大鰻白焼き 喰い出し  山葵  
・焼き物 近江牛ローストビーフ  自家製胡麻ポン酢
・御飯  愛荘町産コシヒカリ  琵琶湖八珍うろり佃煮 赤だし

・水物  土山ほうじ茶のブリュレ

 

 

老舗料亭「竹平楼」 料理人
西村 竹弘さん

創業260年を超える老舗料亭「竹平楼」の八代目。「竹平楼」では湖国の幸を使った湖国懐石や全国から厳選した食材で伝統的な懐石料理を堪能できる。

家鴨 あひるさん

2005年サンライズ出版より県内33蔵を紹介した『近江の酒蔵』出版。2018年1月には同社より『滋賀酒』上梓。

 ※申込応募フォームにて個人情報保護方針をご確認の上
 必要事項をご回答いただきご応募ください

※お申し込み後のキャンセルについてはキャンセル料金が発生する場合がございます。

 

■お問い合わせ TEL 03-5256-9051

(運営委託先・アイズン株式会社東京支店 担当:徳原・北川 

 

滋賀県の情報はこちらから

 

 

Writer

この記事を書いた人:ニッポン応援女子部

覆面N

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
【1月26日(土)開催!】冬がはこぶ近江のご馳走「鴨すき鍋」